プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやって走っているんだ

091208.jpg
12月08日
あ。
昔ハワイでなんかあった日だ。

それはともかく。
映画「ダークナイト」の不思議なバイクは一見するとエンジンが見当たらず、さらに前輪のサスペンションもステア不可能な構造なので、CGかな、と思うが、実は撮影には実走可能な車両が使われている。
特典ディスクに収録されているメイキング映像を見ると判るのだが、かなり乗りにくそうではあるが、ちゃんとスタントマンが乗って、車の間をすり抜けたり、あげくにはジャンプまでしてみせている。
エンジンはおそらく普通のバイクであれば燃料タンクがある位置にあるのだろう。
タンクはといえば、このバイクはカメラ前しか走らないから、航続距離の問題とかは無視できるわけだ。
駆動はもちろんシャフト。
この辺はBMWのシステムが流用できそうだ。
前輪はもしかしたら全くステアせず、球体状の車輪の形状を利用して、車体のバンクだけで曲がってゆくのかもしれない。

前作「ビギンズ」の特典ディスクにはバットカー「タンブラー」のテスト走行の映像が入っていたが、本編に負けない迫力があった。
いったいいくら予算があればあんなことが出来るのだろう?

ガンヘッドも本当に動いたら凄かったのに。

というわけで、今日もがくじるし先生の仕事の手伝いだ。
スポンサーサイト

<< 「ウォッチメン」を観る | ホーム | 今日はがくじるし先生の仕事 >>


コメント

電動モーターという線はいかがでしょう?
エリーカという電気自動車はホイールにモーターを組込んでいて、8個のモーターで600馬力以上とか時速300km/h以上とか・・・

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AB

Re: タイトルなし

> 電動モーターという線はいかがでしょう?
> エリーカという電気自動車はホイールにモーターを組込んでいて、8個のモーターで600馬力以上とか時速300km/h以上とか・・・
>
> ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AB

電動かどうかはともかく、動力源はタイヤの中だそうです。
「プラレス三四郎」の神矢みのる先生が教えてくれました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。