プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は高井プロ

091201.jpg
12月01日
高井プロでは普段は私は人員が不足した時の穴埋め要員でしかないのだが、今回は珍しく名指しで助っ人の依頼があった。
聞けば1960年代が舞台の読み切りの仕事で、若いアシスタント達には描きにくいものらしい。
そりゃ確かに私は1960年代を生きましたが、私が知ってる60年代は群馬の片田舎で、しかも小学生の目を通して見たそれに過ぎない。
当時の新宿の飲み屋街なんて知らないんですけどねー。
ま、それでも時代の雰囲気は記憶しているので、それだけでも少しは違うだろう。

ところで、私は高井プロに出勤となると、持ち物が多くて大変なのである。
自分が使う画材は当然として、他にDVDを何枚も持たなくてはならないので、忘れ物チェックが欠かせない。

まず「よしもと新喜劇」のDVDだ。
これはスカパー302チャンネル、ガオラで録画したものだ。
当初は自分が見るために録画を始めたものを、高井先生も観たがったので2枚ずつ作るようにしていた。
今は自分の分はHDD保存に切り替えてしまったので、先生の分だけを作り、エピソードタイトルの入ったラベルを印刷して渡している。
それから西部劇。
これもスカパーの706チャンネル、「ザ・シネマ」で毎日曜の朝にやっている「シネマ・ウエスタン」枠で放送される西部劇を録画したものだ。
高井先生が好きなのはフレッド・ジンネマンやウィリアム・ワイラーが撮った社会派のものではなく、ジョン・ウェインが出てきて悪い奴をやっつけて終わりという古典的なものなのだが、さすがにあまりに古過ぎて放送数が少ないのがさびしいところだ。
それから今は「相棒」第8シーズン。
これはアナログ地上波で録画している。
先生はミステリ好きで、いままでにコロンボやポアロ、ミス・マープルに名探偵モンクと山のように作った。

さて、今日も忘れ物が無いように注意しなくては。
では、ちょっと高井プロイテクル。
スポンサーサイト

<< 高井プロ2日目 | ホーム | 「デジモン・ぼくらのウォーゲーム」を観る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。