プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デジモン・ぼくらのウォーゲーム」を観る

091130.jpg
11月30日
宮尾先生の「アオバ自転車店」の作業はあっさり終了。
あの漫画は自転車が画面に出てこないと物凄く進行が速い。
どれだけ自転車が描きにくいテーマかということだな。
自転車か、アイオワ級か、どちらかを描け、と言われたら、私ならアイオワ級を選ぶ。
予想より早く手が空いたので、細田守監督の「デジモンアドベンチャー・ぼくらのウォーゲーム」を観た。

なるほど。
日常生活の細やかな描写が、デジタル世界のクライシスを盛り上げる相乗効果にもなっているわけですね。
この辺、「電脳コイル」とも一脈通じる上手い演出だな。
ちょっと前の作品らしく、PCのモニターがみなCRTだ。
おばあちゃんの田舎に帰省中の子供達が、ネットに接続されているPCを求めて村中を探し回る描写が楽しい。
面白かったのは、敵のデジモンに大量のメールを送りつけて処理速度を低下させるというアイディア。
もしかしたら「ニューロマンサー」のウインターミュートや「順列都市」に住む人々や草薙素子少佐も、大量のメールを送りつけられたら処理速度が低下するのだろうか。
スポンサーサイト

<< 今日は高井プロ | ホーム | ブラッドベリの謎 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。