プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「禅銃(ゼンガン)」を読了する

091120.jpg
11月20日
なるほど、「ワイドスクリーン・バロック」とは、何かの例えではなく、そのまんまの形容だったのですね。
読み始めた当初、バリントン・J・ベイリーの「禅銃(ゼンガン)」が、あまりにもとりとめが無さ過ぎてどうしようと思っていたのだが、書かれた年代を見て思い当たったことがあった。
つまり、早い話が「スター・ウォーズ」なのですね。
全長1キロの超長射程砲を持ち、艦内に数千人が暮らす巨大宇宙戦艦も、インペリアル・スター・デストロイヤーだと思えば納得です。
そういえば「帝国」は帝国そのままだし、「小姓」は「ジェダイ」、禅銃を作動させる精神力とは<フォース>のことだったのですね。
アーチャーは年齢的にはルークでしょうか。
豚の副官はダース・ヴェーダーを気取るには小粒ですが、一応キャラは立ってます。
問題は、肝心の「禅銃」が強力過ぎて使う機会が無いことと、ハン・ソロに該当する人物がいないあたりでしょうか。
「禅銃」がもう少し使い勝手のいい武器だったならば、続編も考えられたかもしれませんね。
<伝説の武器を片手に、ただ一人豚の帝国に戦いを挑む若き提督!>
ね。
この方がワクワクする設定でしょ?
スポンサーサイト

<< ウルトラ飯島先生、西へ | ホーム | 「PIN-UP」進行中 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。