プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痛戦略爆撃機

091113.jpg
11月13日
まあなんだ、要するに夏コミに「碧ちゃんスク水写真集」を作った時に、カラーコピーが予想よりもきれいに出たので、もう一冊、女の子が水着でにっこりするだけの本を作ってみようかと思ったわけで。
この種のピンナップ・イラストの本は、アングルやポーズなどの参考にする。
安直なトレスなどは行わない。
60年前のアメリカ人男性の好みの女性像と現代の日本人オタク男性の好みの女性像では、骨格から肉付きからすべて異なるので、そのままトレスすると物凄くちぐはぐな絵になってしまう。
デッサンを取りながら、身体の各部の比率を微調整してゆくのがそれらしく見せるコツだ。

そういえば、第二次大戦中の米空軍の爆撃機には、この種の絵をノーズアートとして機体に描いているものが多いが、あれはいわゆる「痛機」扱いになるのだろうか。
そうだとすれば、わが国は「痛戦略爆撃機に爆撃された困った国」ということに。

おそらく、「痛機」、というよりも、「痛機を生み出す文化土壌」は強い、ということなのだろう。
わが国の自衛隊も、今後もし不幸にして実戦出撃するようなことがあったら、堂々と翼にハルヒとかルイズとかナギさまとか描いてゆくべきと思う。
相手国への、せめてものいやがらせとして。
スポンサーサイト

<< 「禅銃(ゼンガン)」を読む | ホーム | キルミンフォーゼする >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。