プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高井先生のこと

091107.jpg
11月07日
せっかくなので今日は高井先生を持ち上げてみようかと思う。
まあ師匠であり日頃世話になっている人でもあるのでこき下ろすわけにもいかないわけだが。
ちなみにAV分野では、こちらが世話する頻度の方が高い。

高井先生は漫画を描く時、内容の効果を高めるために漫画のほぼ全機能を使う。
でも、だから凄いのではない。
それは、多くの漫画家がやっていることだからだ。
先生が凄いのは、ストーリーの中で大きなコマが必要になり、それが自分に描けない絵であったとしても、その方が効果が高まると思えば自分が雇ったアシスタントを信じて描かせてしまう、というところだ。
この思い切りの良さには毎度感服する。
この方法はアシスタントの画面演出力に依存するので常に成功するとは限らず、だから山口六平太連載550回の中にはかなりへたくそで失敗している絵も存在する。
それでも成功すれば作家本人の演出力を超えた効果を発揮することもあるのである。
今回の有馬の読みきりでは、日常的な背景と非日常の背景のギャップを際立たせる演出をやってみた。
六平田や有馬を読まれる方は、その辺に留意して読んでいただけると幸いである。

車のファンベルトはテンショナーも含めて交換となった。
これで一連のベルトに関するトラブルが収まってくれるとありがたいのだが。
スポンサーサイト

<< 宴会に行く | ホーム | エンジンルームでイヤな音が >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。