プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOU団の部屋

091015.jpg
10月15日
KOU団とは、(K)鋼鉄のアナバシスで(O)大いに盛り上がる(U)内田弘樹ファンの団、ということで、まあこのネーミングの元ネタは書くまでもないだろう。
ただでさえ高貫先生の企画部屋の裏なので参加人数が期待できないのに、肝心の内田君が欠席ときては企画自体が成り立たないか、と思われたのだが、どうしたものか4人もお客さんが来てしまった。
私を含めて総勢5人ではやるわけにもいかずやらないわけにもいかず、という中途半端な人数なので、ここはていとくさんの「架空戦記読書会」に相乗りさせてもらうこととした。
向こうも人数が少なかったので、合わせてちょうどいいくらいだ。
合体した相手がよかったのか、おかげでかなり高度な書評の部屋となって、当初の目的は果たせたのではないかと思う。
IFCONの参加者は客もスタッフも読書人として水準が高く、たいへん頼もしい。
私の様な漫画畑の人間はついていくのも大変だ。てかついてけない。
やっぱりたくさん本を読んでないと駄目だなあ。
スポンサーサイト

<< カゼ気味 | ホーム | トレジャーフェスタ、その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。