プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のお稲荷様

090924.jpg
09月24日
AT-Xで、「我が家のお稲荷様」を何話か観た。
平凡な設定、平板な人物、動感の無い作画と、駄目アニメ要素てんこ盛りで、最初は大丈夫かな?、とか思っていた。
神社に封印されていた何者か?
「天地無用」以降、使い古された設定だな。
「かんなぎ」のあとでこれは辛かろう。
実は狐の魔物?
「かのこん」の強烈なインパクトにはかなわない。
巫女さんの美少女?
飽き飽きした。
しかし、だ。

コンビニを経営する土着神?
それは初めてだ。
世界中の信者から信仰を得られる一神教の神様と異なり、我が日本の各地域の土着神は地域住民の信仰を失えば弱体化してしまう。
このテーマ自体は「かんなぎ」でも描かれたものだ。
しかし、信仰が不足した分を財力で補うためにコンビニの経営に乗り出すとは。
この切り口は面白い。
ナギ様のように自らがアイドル化してしまった方がストレートだろうが、コンビニ経営の方が堅実なような気もする。
もしかしてこの話は、「かんなぎ」のアンチテーゼなのだろうか。
というわけで、もう少し観てみることにする。

日本中のコンビニやスーパーのうち何軒かは、その土地の神様が経営している店があるのかもしれないな。
スポンサーサイト

<< 特記事項なし | ホーム | 怪物王女 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。