プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬、無事終了

090904.jpg
09月04日
昨夜はいささか危ない橋を渡ってしまった。
高井プロの作業は非常に堅実で、原作さえ事前に到着していればどんな仕事でもほぼ確実に予定日にアップする。
誤差はせいぜい3時間程度だ(私がチーフを務める場合は、これをさらに1時間にまで追い込む)。
作業最終日の夕方になると全体の進行状況からだいたい終了予想時間が読めて、この時点での予想誤差は30分未満となる。
原稿を取りに来るのが小学館の担当編集者である場合は、もうそのまま上がるまで待ってもらう。
担当編集者ならば、待つことも仕事のうちだからだ。
でも取りに来るのがバイク便のお兄さんである場合はそうもいかない。
彼らは時間厳守の世界で仕事をしている人たちだ。
時間を指定して呼んでおいて、すみませんまだ出来ていませんでした、というわけにはいかない。
そこで昨日は申し訳ないと思いながらも、スタッフの尻をたたいて仕事を急がせた。
スタッフ達の努力が功を奏して、原稿はバイク便が来る5分前に完成した。
改めて、ベテランスタッフの力量には感心する。
発売は2週間後の週末だ。
ビッグコミック増刊号をお読みいただきたい。
そのギャグの、あまりのくだらなさに目もくらむことだろう。

…日記のタイトルを「大爆発5分前」にすればよかったかな?
スポンサーサイト

<< 長門みたいに | ホーム | シナリオ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。