プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血を抜かれる

0090826.jpg
08月26日
血を抜かれるといっても黒髪セーラー服の美少女吸血鬼に噛み付かれたわけではない(出典:アニメ「怪物王女」、他にもいっぱいありそうだな)。
この秋で居村真二先生が亡くなって4年になるが、当時葬儀の会場で私は居村先生が生前、かなりな高血圧に苦しんでいたことを聞いた。
気になった私は、お医者さんに行って自分も診てもらうことにした。
当時の居村先生と私は体型も生活習慣もよく似ていたからだ。
案の定、医者からは「血圧が高いですね」と言われてしまった。
その時ついでに他の生活習慣病を発見するために血液検査を受けて、それ以来毎年この時期に検査してもらうようにしている。
大きな組織に所属している人はおそらく定期的な健康診断があるだろうが、フリーの人はなかなかそういうのを受けにくい。
でも皆さん、40歳を過ぎたら気をつけましょう。
スポンサーサイト

<< 缶バッジの絵を描く | ホーム | ふさがってる >>


コメント

私も・・・

母の病院への送迎のついでに 血圧を測ったのですが
標準値の枠内でかなり低めでした。(マイントイフェル
並みかも?)ところで 居村先生ってば「新 紺碧」を
まじで第4巻で終わらせるつもりだったんでしょうか?
先日買った「新 旭日外伝~」を読んでると とても
1巻で収まりそうになかったみたいなので・・・
(もしかして「激闘編」とか「風雲竜虎編」みたいに
やるつもりだったとか?9

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。