プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり買えなかった

090823.jpg
08月23日
開店前に店舗に到着したのだが、すでにその時点で数十名が行列していた。
この分では駄目かな、と考えたが、やっぱり駄目で、たった10台の1.5TBHDDは目の前で売り切れてしまった。
すごく悲しい。

思えば初代のNEC-98NXで、内蔵の2GBが手狭になって1GBを増設したのが昨日の事のようだが11年前だ。
あの時は「これで当分もつだろう」とか考えたものだが、その「当分」は確か半年くらいだったように思う。
今やHDDの容量はあの当時の1000倍になったが、どれだけあっても「もう充分」とは言えない、という事は、歴史から学んだ教訓か。
地上デジタル放送のハイデフ記録はまだ先のことでいいとしても、「ひょうきん族」保存のために、早急にHDDを1台確保しなくては。
スポンサーサイト

<< PCを教える | ホーム | アオバを手伝う >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。