プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高井プロ2日目

090806.jpg
08月06日
今回の仕事は、実在する関西の大物芸人の、いわば自伝だ。
本人も現役で活躍中、登場する人物や舞台も実在、またはかつて実在していたものばかり。
そのため世界観が非常に厳密に固定されていて、私のようにいいかげんな話ばかり描いていた漫画家にはやりにくい。
私は「須佐之男死闘編上下巻」を一切の資料を用いずにすべてイマジネイションのみで描いたが、それは単にそれが一番楽な描き方で、ありのままを描くのは苦手だからという理由に他ならない。
というわけで今回はいつもの描きなれた「総務部総務課 山口六平太」や、さらに自由度の高い「有馬係長」の時と比べると、時間をかけて丁寧に描いている。
私は今回メカ係で、タクシーが登場するページを担当しているが、このタクシーも実在した車種である必要があるため、設定年代に合わせて4代目クラウン、通称クジラクラウンとした。
漫画の中でクジラクラウンを描くのは初めてだが、実はこの形はちょっと気に入っているのである。
スポンサーサイト

<< 禁則事項です | ホーム | 今日は高井プロ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。