プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレクター

090803.jpg
08月03日
どうも昨年からAVセレクターの調子が悪い。
一昨日はついに2番目の入力が写らなくなってしまった。

無理も無い。
購入から18年。
来る日も来る日もほぼ毎日使い続けている。
むろんウチでもっとも長寿のAV機器であることは間違いなく、モーターと歯車が無ければAV機器はここまで長持ちするものかと感動さえ覚えさせてくれる。
もっともこれの前に使っていたNECのセレクターは2年でヘタレたから、全部が全部そうというわけでもないのだろうが。
どうせこのままでも2年後には無用の長物になるのだからと買い替えも考えたが、近所のヤマダ電機にはもうこのジャンルの商品は置いていない。
TVには複数の入力端子がついているのが当たり前、さらに自己完結する編集機能を持ったHDDレコーダーの登場でダビングの需要は激減したのだろう。
かく言う私自身、VHSの頃はあんなに多用したダビング機能を今は全く使っていない。

店で買えないのでは仕方が無い。
そこで作戦の変更を考えた。
このセレクター、ビクターのJX-S1000には9系統の入力があるが、現在駄目になっているのはその中の3つだけだ。
そこで配線をし直して、いままであまり使わなかった4番目以降の入力をメインに使うことにした。
なんとかあと2年、保ってくれ。
スポンサーサイト

<< 特記事項なし | ホーム | コミケのお知らせ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。