プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は高井プロ

090712.jpg
07月12日
本当は昨日から入る予定だった。
原作が遅れて1日順延となったのだ。
林先生もしんどいのだろう。
おかげで昨日はぽっかり1日明いたのでレンタルDVDでいくつか映画を観た。
そのうちのひとつ、「ディザスタームビー 最難絶叫計画」について。

いくらギャグが全てに優先するタイプの映画だといっても、観客の感情移入を持続させるためには、最低限のストーリーや登場人物の性格描写、物語内の因果関係の成立は必要だろう。
今回は元ネタの引用先が散漫すぎて、うまく一本のストーリーラインにまとまらなかったようだ。
いっそアメコミヒーローものでまとめればよかったのにと思うが、予算や版権の関係で出来なかったのだろう。
もともとその夏のヒット作全部からネタを引用するというのが無茶なわけで、どうやっても繋がらない映画を無理につないでいる印象があった。
やはりジャンルは絞り込むべきと思う。
スポンサーサイト

<< 六平太初日 | ホーム | 「突き刺せ!呂布子ちゃん」その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。