プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北米版DVD

07.02.10.jpg

02月10日
というわけで画像の件だが、聡明な読者諸氏はもうお分かりであろう。これは北米版アニメDVDのジャケットだ。
早い話が、日本国内でいくら待っても発売されそうに無いDVDは、仕方が無いから北米版を取り寄せてしまおう、ということだ。
これが一昨日、国際速達郵便でアメリカから届いた。
「新海底軍艦」=「スーパーアトラゴン」なんである。なんだかよく分からない。
なんで日本国内で出ないものがアメリカで出ているのだろう。
送料を上乗せしても北米版のほうが国内で買うより安くつくのも不思議だ。
むろん、これにはリージョンコードの壁があり、壁を越えられるものだけに許される荒業には違いないのだが、PCでの鑑賞を前提に考えれば5千円ほどの投資で壁は越えられる。わりと低い壁だ。

というわけで、今、手元に北米版の「新海底軍艦」と「じゃじゃ馬カルテット」のDVDがある。
実は「成恵の世界」も一緒に買ってしまったのは、ここだけの秘密だ。

ネームは100枚を超えた。
今月は短いわりに確定申告とかワンフェスとかイベントが多いので、なるべく前倒しで進行していきたい。
スポンサーサイト

<< アマゾンの納品書 | ホーム | ボートチェイス >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。