プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

劇場版ケロロ軍曹を観る

090707.jpg
劇場版ケロロ軍曹を観る

07月07日
1作目はすでに観ていたので、今回観たのは2作目と3作目。
2作目のほうは劇場版のシリーズ自体がまだどちらへ進むのか見えないのでとりあえず当たり障りの無い方向で作ってみました、という印象。
3作目のほうは2作目に比べると方向がはっきりしてきたのか、サンライズでなければ出来ない大ネタも含めていい意味で開き直った印象。
感心したのは作画の使い分け。
2作目の夏美は明らかに「萌え」な美少女として作画されているのに対し、3作目では他のメンバーと一緒の明朗キャラとなっている。
夏美というのは大変便利なキャラで、描線一本で神秘の美少女から健全元気少女まで変化出来てしまうという好都合なキャラクターなのである。
まあ本人がそれだけの幅を内包しているから出来る離れ業なわけだが。
というわけで、4作目が楽しみだ。
スポンサーサイト

<< 変な特殊能力 | ホーム | 「時をかける少女」(06年アニメ版)を観る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


ケロロ ゲーム

ケロロ ゲームの最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ケロロ ゲーム」へ!


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。