プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Green vs Red」を観る

090630.jpg
06月30日
昨日の高井プロの臨時アシスタントで3時間分のギャラが出たので(昨日は午後1時半に終わったので実労3時間)、帰りにレンタルDVDに寄った。
で、ルパン三世のOVA「Green vs Red」を借りたのだが…。

「またつまらぬものを観てしまった・・・」
と、五右衛門になってつぶやきたい気分になった。
名作も駄作も多いルパン三世の中でも、これはかなりな駄作の部類だろう。
一応アイデアとかテーマらしきものはあるのだが、それを観客に訴える力が弱い。
登場人物も類型で平板な人物ばかりでまったく精彩がなく、ルパン一人が浮くばかり。
銭形など、妙に思わせぶりな登場の仕方をするものだから、いつ変装を解いてルパンに戻るのかと楽しみにしていたら最後までそのまんまでやがんの。
とんだ肩透かしだ。
魅力の無い人物が爽快感の無い行動を取って吸引力の無いストーリーを引っ張り、カタストロフもカタルシスも無い終わりに向かう。
ルパン三世という際立って強いモチーフを使ってこの程度のものしか作れないとは。

作り手が過去のルパン作品に愛着があり、よく研究していることだけは伝わってきたが、その先にあるもの、ルパンを成立させたバックボーンまでは調べなかったようだ。
残念。
スポンサーサイト

<< 「涼宮ハルヒの憂鬱」を観る | ホーム | 早朝アシスタント >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。