プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペン描き5日目

090409.jpg
04月09日
ペン描き5日目のノルマは運良く楽に描けるページばかりだったので、わりあい楽にノルマを達成できた。
全部のページがこうだと仕事は楽でいいのだが、仕上がりがメリハリの無い漫画になってしまう。
やはり、これでもかと描き込んである画面も必要なのだ。
漫画はたいへんだ。

で、ほぼ一月ほどやっているWin版「ドラゴンナイト4」だが、ついにハードモードでもクリアできるようになったので、難しいと噂の「チャレンジモード」に挑んでみた。
さすがに自ら「チャレンジモード」と名乗るだけあって、これは難しい。
まず、マップに配置されている敵ユニットが、半端なく強い。
それだけではない。
その敵が、敵のくせに、強者が弱者をかばったり、「エクスカリバー」(聖剣)という名前の、いかにも主人公側の必殺技っぽい魔法を使ったりするのである。
それでも数マップは進めることが出来たのだが、「素早さ」のパラメータが異常に高く、ほぼ全ての物理攻撃を無効にしてしまう「忍者」が出てきてから行き詰ってしまった。
どんな攻撃も、避けられてしまっては意味が無いのである。
こうなると勝機は魔法の詠唱時間をいかに短縮するかにかかってくる。

というわけで、「知恵の種」を取ったら全部ナターシャに投入だ。
スポンサーサイト

<< ペン描き6日目 | ホーム | ペン描き4日目 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。