プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェアレディ

090212.jpg
02月12日
インクを補充するために2駅先の家電量販店まで車を出す。
そのわずか往復数キロの短いドライブの間に、フェアレディに2台出会った。
もちろん、フェアレディに出会うこと自体は珍しくもなんとも無いことなのだが。
最初の1台は昨年の暮れに発売になった新型だった。
例の変形ライトのせいで物凄く目立ち、出会った瞬間に新型Zと判る。
デザイン上の美酷を別にすれば、スポーツカーが持つべき自己主張の強さとしては申し分ないだろう。
もう一台のフェアレディは、「Z」のつかないフェアレディだった。
「SR311」と呼ばれる、初代のフェアレディ。
40年以上前の車で、今となってはメンテナンスも大変だろうが、見た目、元気そうに走っていた。
新型のZを見たあとではSR311は物凄く小さな車に見える。
あの小型軽量の車体に2ℓ直4ツインキャブならば、さぞかし軽快に走ったに違いない。
2台とも、うらやましい車だ。

画像はフェアレディつながりで。
スポンサーサイト

<< えっちらおっちら進行中 | ホーム | インクなくなる >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。