プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高い本

07.01.20.jpg

01月20日
高い本を買ってしまった。
本、特に画集や写真集は、自分の感性を磨く武器となるので、少々高めでも、気に入ったものはなるべく買うようにしている。
でも洋書で8千円となるとちょっと躊躇する。
8千円あれば何回ご飯が食べられるだろう…とか、つい考えてしまう。
調布パルコ5階の本屋の中をそうしてしばらくうろついて、結局誘惑に勝てず買ってしまった。
「スターウォーズ」シリーズの、宇宙船のミニチュアの写真集だ。
完全な特撮マニアの自己満足であり、これが将来何かの役に立つとは考えにくい。
やはりご飯の方がよかっただろうか。
スポンサーサイト

<< たまには特撮以外の邦画も見よう。 | ホーム | 箱根に行く >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。