プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「コスコスプレプレ」

090127.jpg
01月27日
フジテレビのCSで昨年の春から放送が始まった「コスコスプレプレ」は、タイトル通り「コスプレ」をテーマとした番組だ。
当初はレイヤーさんが登場して衣装製作のノウハウを公開したりする、わりと地味な番組だった。
それが、誰もがまさかと思う第2シーズンが始まり、アニメの声優さんがゲストに呼ばれるようになってからがぜん面白くなってきた。
呼ばれた声優さんは、自分の持ちキャラのコスプレで登場しなくてはならないのである。
昨夜のゲストは、「天元突破グレンラガン」のニア役、福井裕佳梨さんで、非常に楽しかった。
なにしろ、ニアの衣装でボケまくるのである。
まるでニア本人がそこにいるようだ。
福井裕佳梨さんのボケが天然なのか演技なのか声優に詳しくない私には判断がつきかねるが、この際楽しいからどちらでもいいことにする。
次回に期待だ。

というわけで、今日のひとコマはニアを描いてみた。
とりとめのない髪型、メリハリの無い色彩と、とにかくニアは描きにくい、
これを描いていたアニメーターさんはえらいなあ。
スポンサーサイト

<< 「大怪獣バラン」(1958) | ホーム | 「ゴジラの逆襲」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。