プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂沙美☆魔法少女クラブ

07.01.15.jpg

01月15日
最初に偶然深夜の地上波で見たときは、なんか遠くの方で未来への扉が開いたようなアニメだなあ、とか思った。
二度目にやはり深夜の地上波で見たときは、「天地無用」のスピンオフである必然がどこにも無いじゃん。オレの砂沙美を返せ!、とか思った。

先日アニマックスでオンエアが始まって、ようやくまともに見ることが出来た。
相変わらずアイデアもストーリーも天地シリーズとは何の関係も無いが、キャラ立てに関してはこれはこれで意味があるのかも、と思えてきた。
このテーマでこのモチーフならば、主人公の少女をああだこうだ説明するよりも、「砂沙美みたいな」と言ってしまえば視聴者にすぐにわかってもらえる。
昨今のアニメはワンクールで勝負をかけなくてはならないから、出来るだけ早くテーマに切り込むにはこういうやり方も有り、なのかもしれない。
砂沙美と美紗緒との関係性を丁寧に描こうとする作風には好感が持てる。
ていうか、そこ、キモだし。
スポンサーサイト

<< よしもと新喜劇 | ホーム | キーメーカー >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。