プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しっぽの歌

07.01.13.jpg

01月13日
作業しながらぼんやりアニメの主題歌を聞いていた。
で、「天使のしっぽ」だが。

彼女たちは歌う。
「すこぅしアダルト、こおこおせぇ~」。

ヲイ。ちょっと待て。
こういうのはアニメのお約束だから、百歩譲ってヘビとウサギは認めよう。
しかし、カメはどっからどう見てもアダルトではないと思う。

そういえば、太平洋戦争海戦時の日本海軍の戦艦の保有数は12隻(未完成含む)なので、「轟拳ヤマト」でも12機の大艦機が存在し、したがって12人のパイロットがいるわけだが、当初はせっかく12人なので、指揮官に対する呼び方が全員異なる、とか、全員が過去に変なトラウマがある、とか、そんな設定を考えていた。
12人というテーマからそんな関連性しか思いつかない私は駄目な大人だと思う。
スポンサーサイト

<< キーメーカー | ホーム | 「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは海賊映画か? >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。