プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは海賊映画か?

07.01.12.jpg

01月12日
1930年代~50年代にかけて、ハリウッドでは海賊映画は西部劇と並ぶ娯楽映画の定番ジャンルで、数多くの作品が製作されていたという。
それが60年代に入って観客の好みが変化すると、制作費が掛かる海賊物は次第に製作本数が減少し、70年代、80年代にはほぼ絶滅に近い状況となった。
90年代に入って「爆発レニー」ことレニー・ハーリン監督が海賊映画の復権をかけて大予算で「カットスロート・アイランド」を作るが、これが制作会社が傾いてしまうほどの大不振で、これによって誰もが、海賊映画は息の根を止められた、と思っていた。
しかるに、「パイレーツ・オブ・カリビアン」である。
これのヒットで、一番悔しい思いをしたのはやっぱりハーリン先生だろう。
「なんでやねん。なんでワシにでけへんかったことが、ディズニーにできんねん。ワシのどこが間違っていたちゅうねん。」

ハーリン先生の間違いは第一に自分のカミさんを主演女優に据えたことだけど、ま、それは置いといて。
では「パイレーツ・オブ・カリビアン」は海賊映画なのか。


主人公ジャック・スパロウは海賊だが、作品内では海賊行為を行っていない。「007シリーズ」が、「スパイの」映画だが「スパイ映画」ではないのと同様だ。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」の本質は、敵側のキャラクターを観れば分かる。
人外だ。超自然の存在だ。つまりファンタジーだ。

「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは海賊映画ではなく、本質的には「ハリー・ポッター」や「ロード・オブ・ザ・リング」に近い、世界的に売れ線のファンタジー映画である。
しかも、少年が主人公である「ハリー・ポッター」や、世界が危機に直面する「ロード・オブ・ザ・リング」が宿命的に持たざるを得ない「説教臭さ」を、職業犯罪者を主人公にすることで綺麗に取り払い、純粋な娯楽冒険活劇に徹する事が出来た。
当たって当然である。
やるな、ブラッカイマー。見事な商売人だ。
できれば「パール・ハーバー」の時も、あの素材があの切り口で、面白い映画になるかどうか考えてから作って欲しかった。
スポンサーサイト

<< しっぽの歌 | ホーム | マイティボンジャック >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。