プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「くったり」

07.01.06.jpg

01月06日
6,7年ほど以前、居村眞二先生が「紺碧を一冊仕上げると疲れがどっと出て何もやる気にならず、二週間ほどコタツに入ったままになってしまう」
…と語るのを聞いた時は、いくらなんでもそりゃ大げさだろう、と思ったものだが、今、自分がそれに近い状態になりつつある。
居村先生と私の年齢差は8歳だから、ちょうど私がそういうところに差し掛かったというわけか。
幸か不幸かウチには今、おこたは出ていないが、今日は日がな一日PCの前に座り込んで、「清純いもうと倶楽部」のデジタル写真集とか眺めながらぼんやり過ごしてしまった。
大人としては最低に駄目な大人ではないかと思う(漫画業界人に限れば、そう駄目な方でもないだろうが)。
世間がまだ正月気分が抜けきれない時期でよかった。

画像。
最初の同人漫画「魔法の忍者部隊ミラクルくのいち」は、実は当初はフルカラーで仕上げるつもりだった。無理だったけど。
いまでも作業途中のデータは残っているので、やろうと思えば不可能ではない。
スポンサーサイト

<< X-MEN ファイナルディシジョン | ホーム | 「焼肉と原稿の完成とロード・オブ・ザ・リング、またはいかにして私は心配する事を止めてルイズを愛するようになったか」 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。