プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイペリオン

080810.jpg
08月10日
教えてくださいSFのえらい人。
どうして「ハイペリオン」はどこの本屋さんに行っても下巻しか置いてないのですか?

世界のどこか遠いところで何かのバランスが崩れて、「ハイペリオン」の上巻が存在しない時空に迷い込んでしまったのかと思った。

いやな時空だなあ。
最近私は、よくこの種の時空に迷い込んでしまう。
「猫耳戦車隊」が、「猫耳戦車隊、西へ」しかない時空。
「狂科学ハンターREI」の、5巻だけが無い時空。
「ワイルド7」の、「コンクリートゲリラ」が後半しかない時空(これは古本屋で導入することで解決した)。
極めつけは、ようやくウィリアム・ギブスンの電脳三部作を読了したので次は「ディファレンス・エンジン」を読もうと思ったら、すでにして絶版だった時空。
蒸気機関で動くコンピューターなんて、すごく面白そうなアイディアなのに。

アマゾンか?
アマゾンに注文しろということか!?
もしかして、テスィエ・アシュプールのAIみたいなAIがすでにどこかに存在して、それが書店や取次ぎのAIに介入し、「ハイペリオン」を下巻だけ配本させているのではないだろうか。
なんのためかはわからないけど。

ちょっとしたセンス・オブ・ワンダーだ。
スポンサーサイト

<< 考えると叩かれる草 | ホーム | ハルカ・アーミテージ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。