プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞-HiME★DISTINY~龍の巫女~

080806.jpg
08月06日
せっかく伊吹先生から送っていただいたので、昨日はこれを読んでいた。
むう。
読みやすい。
このところ、もってまわった言い回しの海外翻訳SFばかり読んでいて感覚がそっちに慣れていたせいか(例・ウィリアム・ギブスンとか)、非常に文章が読みやすく感じる。
難しい漢字にはルビがふってあるし。
私はあんまり漢字を知らないので(ネプリーグでいつも行き詰る)、こういう配慮はとてもありがたく思う。
キャラクターを紹介するイラストがついたページがあるのもいいことだ。ヴィジュアル情報があるとキャラクターをイメージしやすい。
まあ、もともとこのシリーズは独自の「スターシステム」を採用していて、だから独立した設定を持った作品でも一度確立されたキャラクターの性格や立ち位置は変わらない。
この小説もTVアニメとは直接の関係はないが、なつきや静流のポジションはおんなじだ。
私はTVシリーズは全部観ているので、キャラクターに関しては非常に把握しやすく感じた。
以前「戦う幌馬車」の時にも書いたが、スターシステムは一度観客との間に共通認識が出来上がると無駄な説明を省いて単刀直入にストーリーに入れるので、尺が決まっている場合は便利なシステムだと思う。
四コマ漫画が付いているのもいいが、なんといっても伊吹先生の本だから、たゆんたゆんだ。ぽよんぽよんのぷるんぷるんだ。
それはもう、どうしたらいいのかわからないくらいに。

というわけで、このシリーズが好きな方にはオススメだ。
上下二冊で綺麗に終わっているが、できたらもう一冊くらい読みたかった。
伊吹先生、また書いてください。
スポンサーサイト

<< ニュートリノを止める | ホーム | ワンフェスイテキタ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。