プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄人28号(実写版)

080728.jpg
07月28日
先に実写版「トランスフォーマー」を観てしまっていたので、非常に語りにくい。
まあ彼我の予算差は20倍以上はあるだろうから、まっとうに比較するのもあんまりなわけだが、それでもかの「ロボジョッグス」と比べてもショボい画面はなんとかならなかったものか。

前述の「白昼の残月」の時に、鉄人28号は多くの要素を取り込める優れたコンテンツ、と書いたが、むろん弱点もある。
それは、主人公金田正太郎君が少年であるという設定だ。
この設定は当時の漫画としては当然のことで、原作漫画はむろんのこと、数度のアニメ化に際しても欠点とはならなかったが、今回の実写版では大きな枷となってしまっている。
現代の街中、それも大事件の事件現場に、ネクタイに半ズボンという時代錯誤なファッションの少年がオープンのスポーツカーを駆って現れて「少年探偵の金田正太郎です」とやったら、それは違和感あり過ぎだろう。
道交法違反だ。いや、その前に学校へ行けよ、と誰もが突っ込むに違いない。
いきおい物語の方向性は、金田少年の成立を追う、という点に絞られる。
予算面、映像の表現力からいっても選択肢はそれしかなく、鉄人の活躍はどうしても二の次になってしまう。
少年の演技は上手かったけれど、観客が見たかったものじゃないよなあ。
せっかく蒼井優がでているのだから、蒼井優に正太郎君を演じてもらえばよかったのに。いや、蒼井優が巨大化してブラックオックスと戦う、というのでもいいぞ。その設定ならばブラックオックスが着ぐるみでも文句を言う奴はいるまい。「鉄人28号」ではなく「アルティメット☆ガール」の実写映画です、と言い張ってしまえばよいのだ。
それならば、蒼井優に恥ずかしいコスチュームを着てもらえる。
スポンサーサイト

<< 銀河ヒッチハイクガイド(原作の方) | ホーム | レッド・ドラゴン >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。