プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電送人間

080723.jpg
07月23日
暑いので「電送人間」(1960、東宝)を観る。
「美女と液体人間」「ガス人間第1号」と並んで「東宝変身人間三部作」に数えられるなかの一本だ。
といっても、最初から三部作にする意図があったとは思えない。成り行きで三本作ったから後の世に三部作と呼ばれるようになったのだろう。
世紀の大発明を使える立場にありながら犯罪のアリバイ作りにしか使わない犯人は、謙虚なのかアホなのか。
もっとも、あらかじめ犯罪現場の近くに受信機を置いておかなくてはならないこのシステムはそれほど便利とも思えず、また装置の秘密が明らかになればアリバイは成立しなくなるのだからトリックとしても脆弱だ。
まあ、作り手の意向はSFスリラーというよりも変種のミステリを作ることにあったようで、だから主人公は捜査する側の人間(なんと鶴田浩二。科学に強い新聞記者という設定。全然そう見えない)だ。
怨念ただよう「美女と液体人間」、情感あふれる「ガス人間第1号」と比べると監督が違うせいかクール、かつドライな仕上がりになっているが、夏の夜の娯楽としてはちょうどいい。
スポンサーサイト

<< テラへ | ホーム | シャーロットのおくりもの >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。