プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とろとろ進行中

080327.jpg
03月27日
時事ネタでひとつ。
ゲームがそのプレイヤーの人格にどの程度の影響を与えうるものか、私にはわからない。
だが、もしもある程度の影響を与えうるものだとしたら、こんな話はどうだろう。
ある悪意あるタイムマシン開発者が、若きアドルフ・ヒトラーのもとに「大戦略」を送る。
来るべきべき第二次世界大戦を勝利させるべく、予行演習をさせようというのだ。
それに気付いた時間管理局はソフトの内容を「ダービースタリオン」と入れ替えようとするが、間違えて「ときめきメモリアル」を送ってしまう。
三日三晩かけて藤崎詩織をクリアしたヒトラーの人格には微妙な変化が…。

…という仮想戦記、誰か書きません?
まあ、企画は通らないと思うが。
この話にはいろいろなバリエーションが考えられる。たとえば、
・山本五十六にゲーム版「紺碧の艦隊」を送ってしまう
・間違えてドリームキャストを送ってしまった
・PC-FXを…
・実はサターンだった
・ムッソリーニが「ロザリンド萌え」とか言う
…とかいろいろ。

作業、ペン入れの残りは20枚強。
ちょうど今月一杯でペン入れを終わらせ、来月は丸々仕上げにあてたい。
ゴールデンウィーク進行で締め切りが早めなので、連休が始まる前に作業を完了させなくてはならない。
スポンサーサイト

<< ゲームと仮想戦記、その2 | ホーム | つくづく進行中 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。