プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」を観る

080315.jpg
03月15日
ネギ先生、じゃなかったハリー君の冒険もこれで5作目。レンタルDVDでもようやく旧作扱いになって、低料金で1週間借りられるようになった(実は待ってた)。
今回は小説と映画の表現メディアとしての特性の違いが映画に不向きな方向に出てしまっていて、これ一本を映画単体として見るといささか散漫な印象がある。
しかしまあ、昔と違って映画を見る方法が複数存在する現代、まさかハリー・ポッター・シリーズを5作目だけ観る観客もいないだろうから、これでいいのかもしれない。
相変わらず映像は豪華で、むしろストーリーへの没入の度合いが小さい分いつもよりもじっくりと美術を鑑賞できて、それはそれで楽しかった。
次が楽しみだ。

作業は相変わらず作画が困難な場面が続く。ペースは遅い。
スポンサーサイト

<< コンゲーム映画 | ホーム | 「ラスト・ボーイスカウト」(1991、米) >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。