プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スズメバチ」(2002、仏)を観る

080302.jpg
03月02日
いくら深夜無人になる倉庫街だといっても、あの装甲車は襲撃される直前まで位置をモニターされていたのだから捜索範囲はかなり絞り込めるはずで、普通に考えたらあの倉庫の周辺はあっという間にパトカーだらけになると思うのだが、そこに突っ込むと映画が成立しなくなってしまうので、あえてそこは許す。
つまりなんですね、フランス版「要塞警察」ということですね。
我らがジョン君、ついにフランス人によってパクられるようになりましたか。
いや、いいことです。イタリア版「用心棒」だって成功していることだし。
第一「要塞警察」にしてからが西部劇の定番シチュエーションの現代劇化版だしね。
というわけでこの映画は緊迫したシチュエーションの設定という部分ではかなり成功している。
ただ問題はそのシチュエーションの支配力が強すぎて(それに抵抗するキャラの影響力が弱い、ともいう)、中盤以降状況が同じ方向にしか進まなくなってしまう事だろう。
通常ならばここは人間関係に変化を起こしたり(例・裏切り者の発覚とか)、敵側の描写をしたり(例・戦術を変える)とかしたりして変化をつけるところなんだがなあ。
決着がいまひとつあいまいなのはハードボイルド描写なのか、あるいはどうでも明解な決着をつけたがるハリウッド映画に対するアンチテーゼなのか、それともこれがフランス風リアリズムなのか判別しかねるが、フランス文化と無縁の東洋の小さな島国に住む者としては、もうちょっと判りやすく描いてほしかったところだ。
もしかしてこの映画は、あの倉庫がロケに使えると判って急遽立てられた企画だったりして…。

作業は、今日は確定申告の書類を書く日。
画像はあっという間に完売したというN-ノーチラス。
うう、ま、負けるもんか(負けてる)。
スポンサーサイト

<< 確定申告イテキタ | ホーム | オール酢昆布 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。