プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

澪お嬢様有明に立つ

080226.jpg
02月26日
というわけでやっと会場に入れた私。
ワンフェスには、その場でなければ会えない知人、というのがいる。ワンフェスのためだけに地方から上京してくる人たちだ。
今回はそういう方達のブースを中心に回る。久しぶりの人、初めて会う人、いろいろだ。
昨年夏のワンフェスにピンキー香恋を出していたところが、今回はなんと新旭日の艦隊の今津澪お嬢様を出そうとしているらしい。それも、面倒なドレス姿で(残念ながら量産が間に合わず、今回は参考展示のみとなったようだが)。
感心していると、今度はブースに中里融司先生が寄ってくださった。
すかさず越後ちゃんの立体化について版権交渉を始めてしまう私。
でも、ディーラーの方によると、和服のキャラクターの立体化は着物の柄の表現が困難なのだという。そこで、漫画版の越後ちゃんならば裸でもいいのでは? と言ってみたら、ピンキーストリートのルールで、えっち過ぎるものは許可が下りないのだそうだ。
意外に難しいものだ。やっぱり立体は敷居が高いなあ。
スポンサーサイト

<< ワンフェスの収穫 | ホーム | ワンフェスイテキター >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。