プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめ描き4日目



12月13日
まとめ描き、4日目でようやく具体的な成果が。
もう少しでペン入れ終了というページがちらほら出始めてきた。
というか、この方法は早い話が「気が向いたところからペン入れする」という実に大雑把なやり方で、別に効率が向上するわけではない。
ただ、自分自身が作業に飽きてしまわないようにするための方法で、鉄の意志をもって原稿に向かえる人間には必要の無いものだ。
欲しいなあ、鉄の意志。

今日はアシスタントの集合日で、作業全体の進行状況が確認できた。
現時点で完成原稿は62枚。これに、デジタル処理待ちの原稿を加えると100枚近くがアナログ処理を終わっていることになる。
中央公論の担当編集者さんが印刷所と交渉してくれた結果、今回の締め切りは来年1月4日(木曜)という事に決まった。
本来は年内に全部渡さなくてはいけないのだけれど、それは達成困難なので、まず25日に前半100枚程度、そして残りを1月4日に渡す、というプランとなった。
このスケジュールなら達成可能だ、…と、思う(自信無いんか!)。
これだとペン入れを途中で中断してデジタル処理に入らなくてはならないので若干効率が落ちるが、えらそうなことをいえる立場ではないので、文句は言わない。

画像は本日の収穫。タカヤノリコ2体目。
昨日、「セブンアップス」に関して、逃げる車をキャディラックと書いたが、見直してみると、どうもポンティアックのような気がする。中身は同じとしても。
スポンサーサイト

<< 手順変更 | ホーム | 予約できます >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。