プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなん出ました

080210.jpg
02月10日
学研の、コンビニ販売用の廉価版戦記コミックです。
執筆者を見ればお分かりの通り、かつて「コンバットコミック」等に掲載された戦艦大和関連の短編を再編集したもので、12日から全国のコンビニエンスストアにて販売されます。

これの巻末に、「越後ちゃん」の短編「大海戦!無敵戦艦越後」が載っています。
以前コンバットコミックに載せたもので、もちろん原作は中里融司先生。てゆうか、越後ちゃんの漫画はこれ一本しかありません。
この話は大和型戦艦が竣工する前の時代の話で、この本のテーマである大和とは無関係なのですが、何故だか掲載されてしまいました。
まあ、長編と違ってこのタイプの短編は世の中に残りにくいので、こういう形で再度世に出るということは描き手にとっては非常にありがたいことです。
この機会に、架空戦記で伝説となった「越後ちゃん」のプロトタイプをまだお持ちでない方はぜひお買い求めください。
越後ちゃんの恥ずかしい姿が拝めるのはいまのところこれだけですよ。

作業、昨日は室内でもあまりの寒さにあんまり進まなかった。
漫画はペンを持つ手がかじかむと駄目なので。
スポンサーサイト

<< 「大帝の剣」(2006、日本)を観る | ホーム | 「クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃」(2005 日本)を観る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。