プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ネバーサレンダー~肉弾凶器~」を観る

070131.jpg
1月31日
第4世代Fボディ(カマロのこと)のパトカーによるチェイスシーンがあるので見たかった映画。
「ネバーサレンダー~肉弾凶器~」(2006年、Fox)。
プログラムピクチュアの概念が無くなって久しく、誤解している方もいるかもしれないので一応書いておくと、映画の「A級」「B級」は主に予算規模に対する概念で、Aになれなかった作品をBと呼ぶのではない。
B級にはB級の存在理由があり、それをどこまでまっとう出来たかでB級の評価は決まる。全ての映画が「ハリー・ポッター」になれるわけではなく、またなる必要も無い。

主役はジョン・シナ君。プロレスラーだそうだ。
ロック様の成功例があったからできた企画だろう。シナ君はレスラーなので体格は良くアクションも出来るが演技はシロウトだ。その弱点をどうカバーできるかで映画の成否は決まるわけだが、その点、よく工夫されていた。
主人公は元海兵隊員という設定。
今は民間人でも、どんなに強く、武器の扱いに精通していても不自然ではない。第一判り易い。
美人の奥さんが悪漢にさらわれて人質にされた。
苦悩する演技など必要ない、ただ行動あるのみのシチュエーションだ。第一判り易い。
画面に登場するのは主人公と悪漢だけ。
多少主役の顔立ちに個性が不足していても問題ない。悪漢でなければ主人公なのだ。第一判り易い。
主人公は常に全力疾走だ。車で、ボートで、足で。体力が売りのプロレスラー、動いてナンボ。画面の中で走っている人物がいたら、それが主役なのだ。第一判り易い。
主役はプロレスラーだから苦悩する演技は出来なくとも蹴られて痛がる演技は上手い。だから格闘に迫力が増す。そして悪党の親玉はロバート・パトリック。
そう聞いて分からなくとも、「ターミネーター2」で鉄格子をすり抜けたおじさん、と言えばたいていの人は思い出すだろう。冷酷な悪役が板についていて、非常に判り易い。
上映時間は80分ちょっとだ。余計な事を考える前に終わってしまう。
多分、ストーリーを複雑にすると演技力が必要になってくるのでもたないと判断したのだろう。一瞬で駆け抜けて、後腐れなく終わる。この潔さも時には美点だ。
というわけで、「ネバーサレンダー~肉弾凶器~」は非常に望ましいB級アクションでした。

作業は、自分の身体は鉄格子をすり抜けたのに手に持っていた拳銃が引っかかってしまったT-1000のように進行中。
画像は「よくあるFF風ロープレ的な街並み」。
スポンサーサイト

<< 「ジェヴォーダンの獣」を観る | ホーム | 「キャプテン・ウルフ」を観る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。