プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あげだま

080107.jpg
01月07日
ようやくソフト化がかなって、ふたたび「あげだま」を観る事が出来る。
いい世の中になったものだ。
この作品には特別な思い入れがある。
漫画家になって、多分最初に手がけた版権ものの読みきりが、これだったと思う。
93年の2月にバンダイからB-CLUB」の増刊として出た、設定資料集「のようなもの」に載った。
15年も前の話だ。
実は当初は知り合いの別の作家さんが予定されていた。だが彼の予定がつかず編集さんが作家を探していたので、
「じゃあオレに描かせて!」と頼み込んで描かせてもらった。
たった12枚の短編だが、頼み込んで描かせてもらったわりにはやりたい放題描かせてもらえて、非常に楽しかった事を覚えている。
これ以降何故だか版権ものの仕事ばかり増えたが、自分が描き易いように内容を捻じ曲げて描いてしまう癖は、実はこの時に始まっていたのかもしれない。

作業は小川の流れのように進行中。
スポンサーサイト

<< 昔やった微妙な版権ものシリーズ、その2 | ホーム | 寿美少尉二度目の立体化 その2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。