プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速道路が2002キロ

07.12.11.jpg
12月11日
一昨日の夜にCSのフジテレビ739で放送のあった「日本縦断高速道路2002キロの旅」が面白い。
20年前東北自動車道が開通した時に撮影されたもので、要するに青森から熊本まで、高速道路をひたすら走り続け、その様子を時間軸を圧縮して2時間半で見せるというものだ。
これを見るといろいろな事が判る。まず、日本列島は狭いといわれるが(実際狭い)、長さ方向にはけっこう広いということ。そしてなにより驚くのは、天候のバリエーションが多いという事だ。
晴れ、曇り、雨、霧…。
さすがに撮影時の季節の関係か、雪は無かったが、実に目まぐるしく天候が変化する。
もう一つは、首都高速を走っている間だけ、やたら止まっている時間が長いということ。
たぶん首都高が、一番混雑する時代だったんだな。周辺を走る車が古くて、時代を感じさせる。
あー、どこかのんびりドライブに行きたい。
ガソリンの価格が、こんなじゃなかったらなあ。

作業は、ちんたら。
画像は一昨年、自分の車の中から撮影した関越自動車道。
東松山の手前だと思う。
スポンサーサイト

<< 「ファントマ」を観る | ホーム | 世界堂に行く >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。