プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ナイト・ミュージアム」を観る

07.12.04.jpg

12月04日
時間を作って「ナイト・ミュージアム」を観る。
ささやかな陰謀があって、ささやかな冒険があって、誰も死なず、登場人物がみんな幸せになって、悪人までもが救済されて、毒にも薬にもならないが観ている間は楽しい、そんな映画だった。
けれど、意外にそういう映画を作るのは難しいはずだ。
特にこの作品のように日常の中に非日常が割り込んでくるタイプのアイディアは、割り込みのシチュエーションとタイミング、それに割り込まれる側のリアクションが重要になってくる。
その点この映画は、第26代大統領という両者の中間に位置するキャラクターを配置する事で上手く導入を果たしている。
けっこう考えてるなー。

それにしても、ディック・ヴァン・ダイクを、凄く久しぶりに見たような気がする。

作業はゆるゆる。宝島のムックのカットもちょこちょこ進めている。
画像は先史文明のなんか。50年代の某有名SF映画をモデルにした。
スポンサーサイト

<< 「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」を観る | ホーム | こんな夢を見た、Part2 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。