プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見本誌届く

07.11.18.jpg

11月18日
驚いた。
発売の一週間前に、中央公論から見本誌が送られてきた。
早目に入稿したから早目に出来上がったのか、それとも刷り部数が少ないからあっという間に出来上がったのか…?
たぶん後者だ。
安田先生が描いてくれた表紙が素晴らしい。堂々たる飛行戦艦だ。
こんなにカッコよくなるんだったら、劇中でもっと活躍させればよかった。でも敵メカだしなあ。
でも、なにより驚いたのは、本編の印刷の出具合だ。

今回は経費削減のために、仕上げ処理をデジタル化し、入稿はデータで行った。だから印刷にどう出るのか、ちょっと気になっていた。
これが、驚くばかりの再現度だ。
まさかここまで綺麗に印刷で出せるとは思っていなかった。モアレも無く、漫画の画面表現としてなんの問題も無い。
デジタル化は、スクリーントーンを買う予算が無いがゆえの苦肉の策であったが、結果的には大当たりだった。こんなことなら、もっと早目にデジタルに移行すればよかった。

印刷技術の進歩は素晴らしい。
スポンサーサイト

<< ネーム、少し進む | ホーム | ネーム新展開 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。