プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スパイダーマン3を観る

07.11.06.jpg

11月06日
いやまあ、私はDVDで観る人なので、今頃の鑑賞となったわけだが。
いくら制約のある尺の中に収めるためとはいえ、こうも人間関係をこじらせる方向ばかりにストーリーが進むのも、あまりといえばあまりに不自然なような気もする。ハリーが都合の悪いところだけ記憶喪失になるあたりなんか、ハリウッド映画では久しぶりに見る御都合主義な展開ではないだろうか。
まあ、このシリーズくらいの規模になると、それこそ年に数本あるかないかのイベントムービーだから、これでも許されてしまうのだろうけれど。

ちなみにキルスティン・ダンストには、よしもと新喜劇に出て、浅香あき恵さんのあとを継いでもらいたい。
絶対似合うぞ。

画像はIFCONの閉会式前の様子。
寝不足なのでみんなぼーとしている。
スポンサーサイト

<< 轟拳ヤマト第4巻カバー見本 | ホーム | 無事帰宅 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。