プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダの光

07.11.03.jpg

11月03日
昨日スカパーのシネフィル・イマジカでやっていた「オランダの光」というドキュメンタリー映画が面白かった。
レンブラントやフェルメールの絵に独特の色調や空気感があるのは、実はオランダそのものに独自の光があるからでは、という説を元に、科学者や画家、気象の専門家にインタビューしてゆく、という、疲れているときや寝不足の時、満腹の時だったら熟睡出来てしまいそうに超地味な作品だが、幸運にも最後まで興味深く見られた。

まず、絵画の特徴を気象という面から見る、という発想が凄いが、そのテーマで一本のドキュメンタリー映画を作ってしまうところも凄い。
オランダはご存知の通り、独特の地理的条件を持った国だから、「オランダの光」も実在するのかもしれない。

今日はこれからIFCONにイテクル。
画像は会場の旅館。
IFCONが港の見えるホテルで開催される日は…
…こないだろうな。いや、別に来なくていいけど。
スポンサーサイト

<< 無事帰宅 | ホーム | とりあえず陽のもとに >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。