プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2300年未来への旅

07.10.11.jpg

10月11日
数年前、どうにも机の上の原稿が見えにくくなって、新しい眼鏡を作ろうと思って眼鏡屋にいって視力を検査して「老眼が始まってますね」と言われた時に、最初に心配したのは、「老眼’ズ ラン」という駄洒落を言ったらどれくらいの人に分かってもらえるのだろう、ということだった(アホか私は)。

「Logan's Run」とは画像の映画「2300年未来への旅」(1976)の英語原題で、いわゆるデストピア物の一本だ。
「猿の惑星」の衝撃的なラストシーンで一気に市民権を得たデストピアSFはその後も「ソイレントグリーン」や「ローラーボール」などが作られたが、内容からいって心躍る楽しい映画になどなるはずもなく、観客の興味は次第により身近な危機を描くパニック映画の方に向かっていってしまう。
「2300年未来への旅」は、76年の公開の時点ですでに十分古臭く、さらに翌年、SF映画の歴史をひっくり返す大ヒット作が公開されてそれまでのSF映画を過去の物にしてしまったためにあっさりと忘却の彼方に追いやられてしまったという、不幸なSF映画である。
昨日、永山のブックオフで、中古で500円で売られているのを見つけて買ってきてしまった。正直、1000円だったら買わなかっただろう。内容面でもヴィジュアル面でも、21世紀になってしまった今から見ると、特に語るべきものはない。
ただ一点、ヒロインを演じるジェニー・アガターのスカートの短さを除いては(「禁断の惑星」のアン・フランシスといい勝負だ)。


教えてくださいSFの偉い人。
古いSF映画に出てくる女の子のスカートは、どうしてあんなに短いのですか。

作業、ペン入れは無事終了した。
今日からは残りのページのデジタル処理を行う。
スポンサーサイト

<< アイランド | ホーム | 作業、進行する >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。