プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新旧「タイムマシン」比べ

07.10.02.jpg

10月02日
パル版(1960)は、今から47年も前に作られたSF映画としては、実に堂々としていて、いささかもひるんだところが無いのが素晴らしい。1966年に核戦争が起こって文明が滅びる設定になっているのは当時の世相を反映しているのだろうが、今から見るとご愛嬌だ。
一方のサイモン版(2002)は、現代のSFらしく、ちゃんとタイム・パラドックスの問題に触れているし、最新のCG技術で時間を加速して見せる事に成功している。
製作された年代を考えればどちらもよく出来ていると思うが、実はサイモン版にはただ一点、致命的な弱点がある。
だって、ヒロインがイヴェット・ミミュウじゃないんだもん。

SF映画史上の美少女コンテストとかあったら、アン・フランシスとイヴェット・ミミュウの一騎打ちになるのだろうか。

作業は、進んだような進まないような。
アシスタントたちとお好み焼きを食べに行ってしまったので、進行は少ない。
画像は、ソ連軍の名も無き機体。
スポンサーサイト

<< あたふた | ホーム | 下絵終わったー >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


SF映画SF映画(エスエフえいが)は、SF(サイエンス・フィクション)をモチーフにした映画。宇宙人の襲来、宇宙旅行、宇宙戦争、海底探険、タイムマシンなどの題材がよく扱われる。SFは現在の世界とは違う作品世界を、社会的、文化的、技術的な考証を元に構築するが、SF映画


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。