プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

範囲選択する

07.09.17.jpg

09月17日
足元を小さなトカゲが横切っていった。
なにかの前触れか?

(昨日の続き)というわけで、ここ数日で試してみたフォトショップの範囲選択ツールあれこれ。

マジックワンド。一見非常に便利なツールに見えるが、実は背景の描き込まれたコマでは役に立たない。人物と背景を別個に描ける1枚絵向きのツール。

色域指定。本番では使わないが下準備の段階でよく使う。原稿の黒いところを選んでコピペすれば一発で線画抽出完了だ。

曲線なげなわツール。失敗しやすい。

直線なげなわツール。単純な形で直線の多い構造物(ビル等)を選択するのに適している。早いし。でも失敗すると最初からやり直しになってしまうので、あまり複雑な形のものには向かない。

パスを選択範囲に変換する。失敗が少なくスピードもそこそこで今のところ最も堅実な方法。弱点は、単純作業になってしまいやっていて楽しくないところ。贅沢な悩みか。

クイックマスク。パスを使う方法に比べると手間が掛かるが、一目で進捗状況が確認できるので失敗が少なく、やっていて楽しい。複数の範囲も同時に選択できるし、塗り込み作業を苦と思わない人には向いている方法か。ラインツールも使えるので、何十個と並ぶビルの窓だけにグラデーションをかけたい場合などに重宝する。

……で、結局何が分かったかというと、漫画の製作には絶対的な方法などは無く、コマに応じて瞬時に最適な方法を適用できる事が重要と……
つまらない結論だがそうにしかならない。やはりPCは万能ではなく、ただのツールだ。

画像はPCで作ってみた画像の一例。
手前の民家、左手奥の要塞、右手の大艦機、そして遠景の空は、実はすべて別素材で、PC上で組み合わせた。
民家の絵は合わせてみたら横方向の寸法が足りず、横方向に引き伸ばして原稿の寸法に合わせてある。
こういうことが出来るのはデジタルのメリットか。
スポンサーサイト

<< 慣れた | ホーム | もータンキター >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。