プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トカゲ映画

07.08.06.jpg

08月06日
この財政が逼迫している折に、紛れもなく100%駄作だと分かりきっているのに、画像のトカゲ映画を買ってしまった。
なんてったって監督があのレイ・ケロッグ先生だ。50年代前半に20世紀フォックスの特殊効果部の部長を務め、「地獄と高潮」や「雨のランチプール」で見事な手腕を発揮して見せた大物だ。
でもケロッグ先生、なぜか仕事が雑なところがあって、たとえば「雨のランチプール」では、凄い洪水のスペクタクルにまったく緊張感なく平和に歩くインド人が合成されていたりして、不思議な画面が見られたりしたものだが、そういう意味では、この「大蜥蜴の怪」はケロッグ先生の真骨頂かもしれない。
なにしろこの種の映画では定番のモデルアニメを使わず、ミニチュアセットの中に本物の生きたトカゲを這わせる、という圧倒的に短時間で撮影が終わる手法で映画を作ってしまったのだ。

生きたトカゲだから生物感100%だ。その動き、皮膚の質感たるやリアルそのもの。
でもトカゲは芝居しない。
列車を襲っても街の集会所を襲っても、ただもっさり動くだけ。もちろん最後に倒される時も倒される演技なんかしてくれない。だから緊張感まるでなし。
きっと映画もヒットしなかったに違いない。

もしもこの映画が物凄く面白く仕上がって大ヒットしていたら、映画のオープニングに「特殊トカゲ効果」なるクレジットが明記されるようになって、翌年のアカデミー賞で「本年度の特殊トカゲ効果部門の受賞作は、○○です!」とか発表されるようになったのだろうか。

ちなみに、私が今までに観たことのある「トカゲ特撮」で、もっとも優れていたのは、SFテレビシリーズ「サンダーバード」の第15話「大ワニの襲撃」ではないかと思う。
メカ特撮の名人デレク・メディングスが、実はトカゲ特撮でも名人だった事を実証した一本だ。

作業は、下絵が50枚。わりかし順調かな。
スポンサーサイト

<< 身近な侘びさび(すでにシリーズ化か?) | ホーム | ワンフェス卓情報 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。