プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

六平太500回

07.07.20.jpg

07月20日
昨夜は、私にしては珍しく出版社主催のパーティーにお呼ばれしてきた。
師匠である高井研一郎先生が小学館のビッグコミックで連載している「総務部総務課山口六平太」がこの夏で連載500回を達成したため、それを祝う祝賀会が開かれたのだ。
ビッグコミックは月二回刊行の雑誌なので、500回を達成するには22年かかる。大変な偉業だ。
まあ、ビッグコミックには「ゴルゴ13」というそれを上回る大物が存在するのであまり目立たないが、実は大変な事なのだ。
会場には高井先生の古い仲間である古谷三敏氏や北見けんいち氏を始めとしてさいとうたかお氏やちばてつや氏など漫画界のビッグネームが揃い、まさに壮観であった。

個人的には、原作の林律雄先生に久しぶりにお会いできた事がうれしかった(高井先生にはしゅっちゅう会っているのでそんなにありがたみは無い。それでも珍しいネクタイ姿の先生が見られたのは面白かった)。
アシスタント当時、林先生の原作からは多くの物を学ばさせてもらった。
今まで誰も指摘した人はいないが、実はコミック版「新旭日の艦隊」には「山口六平太」で学んだノウハウの幾つかが生かされているのだ。

一昨日のネームチェックはあっさり終了した。週明けから作業に取り掛かる予定。
ただし今回は製作予算が乏しいので自分でやらなくてはならない作業が増えそうだ。
やだやだ。
高井プロのアシスタントに戻ろうかな。
スポンサーサイト

<< 圏央道 | ホーム | 「舞乙Hime」を観る >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。