プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペリーヌ物語、その②

07.06.30.jpg

06月30日
というわけで、引き続き「ペリーヌ物語」を見ている。
工場長の行動に業を煮やしたビルフランは、ついにオーレリィを自分の屋敷に住まわせる事にした。
えらいぞビルフラン。がんばれビルフラン。てか、もともとお前の頑迷さがすべての元凶なのだから、少しは反省しろ。

さて、今日は昨日とは着眼点を変えてみよう。ペリーヌは、トリックスターだろうか。
「居残り佐平次」の佐平次はトリックスターだ。
観客には彼が何を目指しているのか見えず、したがって物語の着地点も見えない。
しかしペリーヌは最初からビルフランの直系の血縁者であることが明示されている。したがって着地点がどこかも観客は容易に想像できる。つまりペリーヌはトリックスターではない。
しかしオーレリィはどうか。
ペリーヌが便宜上創作した人物であるオーレリィは物語の中で、労働者の側から資本家の側へと移行してみせる。しかもそれを、労働者であった時の人間関係を損なわずにやってのけるのである。
物語の中の登場人物たちには当然ながらオーレリィの着地点は見えない。立派なトリックスターっぷりだ。
では「ペリーヌ物語」とは、本来トリックスターではない主人公が物語の中で虚構のトリックスターを演じるという、二重構造の物語なのだろうか。
スポンサーサイト

<< ドラゴンナイト4 | ホーム | ペリーヌ物語 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。