プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップル・マッキントッシュ

07.06.17.jpg

06月17日
アップルといえばレコードのレーベルだ。
群馬の実家に帰ればリンゴの絵がついたレコードがたくさんある。

マッキントッシュといえば1973年の映画「マッキントッシュの男」を真っ先に思い出す。
監督はハードボイルドの巨匠ジョン・ヒューストン、主演は当時脂の乗り切っていたポール・ニューマン、そして共演は欧州の香りただよう美女、ドミニク・サンダ。
イギリス北部の寒村で行われる、古い小型トラックと縦目のメルセデスとのカーチェイスがスリリングだった。
音楽がまた豪華で、「アラビアのロレンス」のモーリス・ジャールだ。暗い冬のロンドンをタイトルバックに、映画音楽としては珍しくチェンバロで演奏される哀愁を帯びたテーマ曲をいまでも覚えている。

こういうのは、きっとDVDにもならないんだろうなあ。

…いや、ただそれだけなんだけどね。マカーの方、ごめんなさい。

画像はガラスの森美術館の収蔵品。
たぶん宇宙のなにか、だと思う。
スポンサーサイト

<< | ホーム | 空中タイヤ交換 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。