プロフィール

飯島祐輔

Author:飯島祐輔
スプートニクが星となって「地球防衛軍」が公開された年に生まれ、望月三起也氏に漫画を、高井研一郎氏に人生を学ぶ。
主な作品に『コミック 新旭日の艦隊』全22巻(原作・荒巻義雄)、『北海の堕天使』(原作・吉岡平)、「新海底軍艦」など。
大艦巨砲漫画家として名を馳せ、その徹底したメカへの傾倒と破壊描写、そしてとめどもなく溢れるストーリーとボケキャラ萌えの追求精神は他に類をみない。

その他の画像置き場

「電脳」轟拳な日々画廊
今までのあらすじは『艦隊な日々』をご覧ください。

アンケートフォーム

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

来訪者数

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシスタント来る

07.04.18.jpg

04月18日
雨の中をアシスタントがやってくる。
どうもご苦労さん。
アシスタントの中には他の仕事場と掛け持ちしている者もいて、そちらが増ページだったりするとこっちの仕事があまり進んでいなかったりする。
でも、まだそんなにあわてない。
この時期、漫画の作業が進むのは、実は世間が大型連休に入ってからなのだ。なにしろ邪魔が入らないからね。
観光地が行楽客で一杯の時期には働き、あちこち空いてから休むのが漫画家のパターンだ。

夕食は、普段はアシスタントと歩いて川崎街道沿いの「民芸」に行くのだが、今日は悪天候ということもあり、車を出して稲城駅近くのお好み焼き屋「道頓堀」へ行った。
すると、道頓堀の新メニューが「インド」。

宇宙船が地球に墜落して故郷の星に帰れなくなり、仕方なく地球で生活している宇宙人と同居している貧乏学生の気分に、ちょっとなった。
結局、あの巨大UFOはなんだったのだろう。

作業は、今日から下絵を再開。
今日は下絵が4枚で下絵の残りが52枚。
スポンサーサイト

<< まったり進行中 | ホーム | まぼろしの観覧車 その2 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。